彼氏の親への結婚の挨拶|準備と流れ

彼女が彼氏の親へ挨拶ということは彼氏が彼女の親への挨拶が終わったということでしょうか。

まずは流れを把握

結婚の親への挨拶の順番・流れを把握しておきましょう
一番緊張するのが親への挨拶ですね。 特に男性は女性の親に挨拶に行くのは最大の山場だと思います。 何したらいいのって迷っていると余計に不安なのでまずは挨拶の流れを把握してしっかり準備することが大切ですね。 結婚の親への挨拶の順番・流...

彼女の親への挨拶

彼女の親への結婚の挨拶|準備と流れ
まず彼女があなたのところに嫁ぐ場合、彼女の親への挨拶を先にするのが一般的ですね。 最初で最高の緊張の瞬間ですよね。 彼女の親と何度が会っているなら問題ないかもしれませんが、初めて会うということになるととても緊張すると思います。 そ...

そして今彼氏の親へ挨拶というところだと思います。

次は彼女が緊張ですね。
彼氏の親と何度か会っているなら良いのですが、初めてとなると緊張しますね。

ではここからは彼氏の親への結婚の挨拶について紹介していきたいと思います。

まずはあなたの親に挨拶に行く時点で彼氏の家に挨拶に行く日程もある程度は決まっているかと思います。
そこに向けて何をするべきなのかというところです。

考えるのが服装などの身だしなみ、会話、ちょっとした礼儀でしょうか。

服装

まずは服装ですね。

男性の場合はスーツというのが定番で服何にしようとか考えなくてもすみます。
女性の場合はどうでしょうか。

やはりイメージが良いものがいいですね。
色でいうと黒より白でしょうしズボンかスカートでも膝下くらいの丈のものが無難だと思います。

露出が多かったり、ミニスカートというのは男性の親がどう思うのか考えてみてください。
清潔感、家庭的というのがイメージとしては無難なのではないでしょうか。

会話

ある程度会話の内容は決まってくると思います。
おそらく彼氏があなたの親と話したときにあなたの親が聞いた内容と同じようなことを聞かれると思います。

仕事であったり、住んでるところ、家族構成、趣味などですね。
特に問題ないとは思いますが、あまりしゃべりすぎないように聞き役ですね。

あと嫁ぐということで女性の家柄を男性側の親は気にする人もいたりします。
ですがこれもまれだとは思います。
ここを気にしても変えられるものではないですからね。

身だしなみ

服装は決まりました。
では化粧や髪形などはどうするのかというところですね。

化粧はきっちりしましょう。
ノーメイクはありえませんね。
ストッキングを履く
ヒールも高すぎないもの
香水もつけない

と基本的なところをしっかりですね。

手土産

あとは当日手土産も持っていきましょう。
あなたの地元の特産であったり、彼氏の親が好きなものを持っていくのが良いと思います。

相場は安すぎず高すぎずで3,000円くらいが良いのではないでしょうか。

挨拶当日の心構えと準備と流れ

挨拶当日になりました。

服装、化粧などの身だしなみはオッケーでしょうか。
手土産も持ちましたか。

それでは時間厳守で出発です。

彼女の親への結婚の挨拶|準備と流れのところでも書きましたけど数分少し遅れてが良いということもありましたが、やはり時間厳守が良いと思います。
ちょうどにベルを鳴らすくらいが良いと思います。

ここで一人で女性も家まで行くのかというところですが、彼氏と一緒に行ってもいいですね。
男性が女性の家に挨拶に行く時も女性は「迎えに行ってくる」といって出るという方も多かったですし、彼氏が彼女を迎えに行くのもいいと思います。

そして、玄関到着です。

まずは挨拶です。

「○○と申します。本日はお時間を取ってくださいまして、ありがとうございます。」といった感じですね。

「どうぞ」と言われたら靴を脱いで入りましょう。
靴も前向きに脱いで揃えましょう。

部屋に入ったら彼氏の親に「どうぞ」と言われたら座りましょう。

ここでみんなが揃ったら改めて挨拶です。
「〇〇さんとお付き合いをさせていただいております。
〇〇です。
本日はお忙しいなか、お時間を頂きましてありがとうございます」

といった感じで挨拶をします。
座布団が敷いてあるならそれを外して挨拶などが礼儀としてあります。

そして、手土産を渡します。

あとは歓談ですね。
あなたの仕事や家族構成、趣味などを聞かれると思います。
あとは二人の将来のことなどですね。

そして、男性の場合は承諾を得るということですが、女性もそれに近い内容の言葉が必要ですね。

すでにあなたの親には挨拶にいって承諾をもらっていると思いますので、そのおりも伝えましょう。

「先日私の親にも挨拶をしてくださいまして私の親も喜んでおります。」

といった感じでしょうか。

女性が嫁ぐ側ということなら結婚させてくださいもおかしいですから「今後ともよろしくお願いいたします」といったニュアンスがしっくりくると思います。

あとは挨拶ということであまり長いはせずに退出しましょう。
一緒にご飯でもということならご飯を食べてもいいですね。

家に到着したら1本電話を入れましょう。
「今家に着きました。本日はありがとうございました。」
といった感じです。

後日お礼状を書くのもさらに印象を良くする一つですね。

まとめ

彼氏があなたの親に挨拶をしているのを見ているので流れはなんとなくわかるのかなと思います。

もちろんいうことなどは違いますがイメージはつけやすいと思います。

やはり女性の場合は家庭的であったり清潔感というのが大事だと思います。

彼氏の両親が「この人に家庭を任せても大丈夫」と思ってもらえるようにしましょう。
まずは服装化粧などの身だしなみですね。