結納の準備・進め方

結納をすることがまだ決まっていないけどという方はまず結納をするのか、略式結納なのか、顔合わせ食事会だけなのかなどいろいろあります。

まずは相手の意見や両家の親の意見などを聞いて決めないといけません。

結納・顔合わせ食事会について

彼氏、彼女の親が結納をしたい、彼氏、彼女自身が結納をしたいという強い希望のもと結納をすることになったという方はしっかり準備しないといけません。

結納・略式結納の準備の流れ

そこで結納・略式結納の準備の流れを紹介したいと思います。

正式結納

まず正式結納は、仲人が両家を往復して結納品や結納金を届ける形になります。

ただ、この形でやるところは少なくなっています。
まず時間がかかるというのが一つあります。

略式結納

略式結納はホテルや料亭などで両家集まって行います。
これなら時間もかからず手間も少なくて済みます。
そして、仲人を立てる場合と立てない場合があります。
立てない場合は男性側の父親が進行役をやるということが多いようです。

結納の準備

では結納には何が必要なのでしょうか。
まず初めに言っておくこととして、関東や関西、地域によってスタイルが違います。
ですからあなたの親や相手の親がどういった形式なのか確認しておく必要があります。

地域によって違う結納形式

関東式は男女お互いに結納品を取り交わす形で

関西式は男性が結納品を贈り、女性は受書(うけしょ)を渡して結納品は贈りません。
そして、後日にもらった金額何割かを返礼として持参するという形です。

結納金の金額は地域によって違いますし、両家で相談して決めたりすることもあるようです。
女性側は半返し(半額)であったり、3割返し、1割返しなど様々です。

この辺りはしっかり決めておくことが大事です。

結納パック

あとは略式結納の場合レストランなどで行いますが、ホテルやレストランなどで結納する場合「結納パック」というものがあります。
これなら最低限必要なものが揃っていて進め方などもスタッフが教えてくれますので便利です。

金額はホテルや人数によっても違いますので「結納パック」で検索して調べてみてください。