ヒルトン東京お台場の結婚式費用は|料金を抑えるポイント

結婚式場

ヒルトンといえば世界各国にある知名度のあるホテルですが、東京のお台場にもあります。

ではヒルトン東京お台場の結婚費用を見てみると

ゼクシィ調べ⇒80名:300万 ~ 400万
マイナビウエディングシミュレーション調べ⇒60名:250万~300万

ゼクシィではヒルトン東京お台場の先輩カップルの総額平均が300万~400万(80名)となっています。
マイナビウエディングでは250万~300万(60名)となっています。

こういった差が出るのはいろいろオプションをつけたりグレードアップで高くなったりと人それぞれ違うからですね。

あとプランや割引などによっても変わってきます。

というところでヒルトン東京お台場の結婚式費用を分析して抑えるためにはどういったところをチェックすれば良いのか詳しく見てみたいと思います。

ヒルトン東京お台場の結婚式費用を見積り分析

マイナビウエディングの70名での費用シミュレーションで見てみたいと思います。

このプランのシミュレーションでは70名で3,485,210円となっています。

まず思うことは必須となっている項目が多いということです。
式場やプランによっても変わってくるかとは思いますが、
例えば衣装や引出物などは必須ではない式場も多いです。
その場合、自分たちで他でレンタルして持ち込むようパターンもありますが(持ち込み料はかかりますが)それができないところもあります。

このプランのシミュレーションではかなり必須項目が多いので他でのレンタルや外注ができないのであまり料金を抑えられる項目がありませんね。

ここからさらにプラスα費用がかかるポイントがいくつかあるので紹介します。

ヒルトン東京お台場の結婚式費用が高くなる&安くなる可能性のある項目

料理

料理は結婚式の費用で一番と言ってもよいくらい高くなるポイントの一つですね。

料理は一人16,159円で計算されています。
料理のコースは洋¥14,300・¥16,500・¥18,700・¥22,000(全4コース)
となっているので一番安いコースか二番目のコースということになります。

もしグレードアップするとしたとして、仮にグレードアップして2000円プラスしたとすると140,000円上がるということになります。

ここはさらに上がる人が多いポイントかと思います。

衣装

衣装は新婦衣装のところで230,000円で計算されていて平均的かもしれません。

ここから新作とか人気のウエディングドレスの場合はプラス数万円高い場合もあるかと思います。

やっぱり人気のウエディングドレスは平均よりも高い場合が多いので+αされることも多いと思います。
でも高くなっても数万円程度かと思います。

新郎衣装はこんなものかなと思います。

装花

装花は165,000円で計算されていますけど、人によってかなり料金の差が出てくる部分かと思います。

シンプルでそんなにいらないということなら料金は抑えられますが、いろいろ装飾していくとかなり料金が上がっていくポイントでもあります。

花などいろいろ装飾すれば20万にも30万にもなってくるポイントです。

お色直し

おそらく料理と並んでここが一気に料金が上がってくるポイントだと思います。

お色直しをしないという方は関係ありませんが、お色直しでカラードレスなども着たいということなら上で紹介した衣装と同じくらい料金がかかります。

例えば新婦がお色直しでカラードレスを着るとなるとプラス23万円とか人気や新作の物ならもう少し高かったりもするかと思います。

あと新郎に関しては完全に衣装を変えるとなると高くなりますが、チョーネクタイなどちょっとだけ変えるくらいならほとんど費用がプラスされることはないと思います。

私達も男性はタキシードはそのままで蝶ネクタイなど小物だけ変えました。(ヒルトン東京お台場で結婚式を挙げたわけではないですが参考までに)

上の項目ではお色直しにチェックは入れていないのでお色直しするとなれば衣装と着付けで30万円~40万円ほとプラスかかってきます。

写真

迷うところが写真です。
式場のプロのカメラマンにお任せするのかどうかです。

お任せすればちゃんとしたデータなどがもらえますが高いです。

知り合いにお任せするのもありですけど、式場にお任せした場合、挙式や披露宴以外の控室や準備段階の写真も撮ってくれたりすることもある(式場でどういった写真を撮ってくれるのか聞いておくと良いと思います)と思いますので高いですがメリットもあるかと思います。

上のチェック項目には入れていないので、もし式場でお願いしてデータなども欲しいということならプラス20万円くらいにかかります。

ビデオ

まずビデオ撮影が項目にありません。
通常式場に任せると20万円とかかかってくるポイントですね。

プロフィールビデオ制作に関しては自分たちでも作ることができると思います。
ただ、手間だったりしますので外注でも良いですし、知り合いとかで詳しい人にやってもらうと結婚式費用が抑えられると思います。(式場に確認してみてください。)

あとエンディングビデオ制作をどうするのかです。
19,800円となっているのでお任せしても良いかもしれませんね。

私たちはプロフィールビデオ制作は自分たちで作成して、ビデオ撮影エンディングビデオは結婚式場にお願いしました。
ビデオ撮影をお願いしたことで当日の映像をエンディングビデオに入れてもらえました。(ヒルトン東京お台場で結婚式を挙げたわけではないですが参考までに)

といったところで

70名で3,485,210円となっていますが、
ここから

料理:グレードアップで10万円~20万円以上上がる可能性がある
衣装:人気や新作の衣装だとプラス数万円上がる可能性がある
装花:装飾によっては10万円以上上がる可能性がある
お色直し:お色直しするとなればプラス30万円~40万円上がる可能性がある
写真:式場でカメラマンにお願いしてデータをもらうとなったらプラス20万円ほど上がる可能性がある
ビデオ:プロフィールビデオやエンディングビデオ作製をお願いしたら10万円以上上がる可能性もある

といったところが結婚式の費用が大きく上がる可能性があるポイントです。

私達がヒルトン東京お台場で結婚式を挙げるとするなら
上でシミュレーションした70名で350万円から70万ほどはアップすると思いますので420万円くらいかなと思います。

ゼクシィの先輩カップルの総額平均が300万~400万(80名)となっていますが、これはあくまで参考値です。
見積り料金かと思いますので外注などで別途かかった費用に関しては含まれていない可能性もあります。

そういった費用を含めるともっと上がってくる可能性が高いと思います。

人によって結婚式費用の見積り料金が違う理由とポイント

ネットではいろいろな見積り料金をチェックできたりしますが、同じ人数でも全然見積り料金が違うことがあります。

例えば80名なのに300万円の人もいれば400万円の人もいるとかですね。

これは

・結婚式の時期(繁忙期か閑散期・大安かそうでないかなど)
・どれだけ割引されているのか(プランや直前割など)
・料理のプランをグレードアップしたのか・装花をどれくらい利用したのかなど
・引き出物・ペーパーアイテム(衣装やカメラマンなども)は自分たちで持ち込んだり用意したのかなど

いろいろなところで違いが出てきます。

結婚式費用の見積り料金に違いが出てくる大きなポイント

・料理のグレード
・ドレスの種類やお色直しするのかしないのか
・装花のボリューム
・引き出物、ペーパーアイテムを持ち込むかどうか

料理のグレード

大体初めの見積りでは料理のグレードは一番下で計算されていることが多いです。

そして、おそらく料理に関しては多くの方がグレードアップをすると思いますが、1ランク上げただけでも結構金額が上がります。

ドレスの種類やお色直しするのかしないのか

ドレスによって料金が違います。

人気のドレスや新作だとちょっと高い場合が多く、数万円とかは違ってきます。

ここはそれほどの金額差にはなりませんが、ポイントはお色直しのところです。

初めはお色直しの料金が入っていないこともあります。

お色直しするとなるとカラードレスで+αで20万とか結婚式場によって違いますがかかってきたりします。

特典とかで割引されていることもありますが。

装花のボリューム

装花って結構高くて、ボリュームを増やすと結構結婚式の費用が上がります。

特に花とかいっぱい取り入れるとかなり金額が上がってくると思います。

引き出物、ペーパーアイテムを持ち込むかどうか

引き出物・ペーパーアイテムやその他小物などは持ち込み可能な式場であれば自分たちで用意して持ち込んだ方が結婚式費用を抑えられる可能性があります。

式場によっては衣装やカメラマンなども持ち込みが可能なところもあります。

ここは持ち込み料がいくらなのかなどもチェックする必要があります。

持ち込むとなると結婚式場の見積りには入っていないため安く見えますが、自分たちで用意しないといけない分も費用はかかってくるのでそれもしっかり計算しないといけません。

結婚式場に任せるよりは安くはなる可能性は高いですが、結局は自分たちで用意しないといけないので、少し大変だったりします。

ヒルトン東京お台場の結婚式費用を抑えるためには

結婚式費用を少しでも抑えるということなら当然上のようなところで少しでも切り詰めるということになるとは思いますが、一生に一度の結婚式であまり費用を削減して思ったものとは違うとなっては意味がないですよね。

そこであとは結婚式の費用を抑えるポイントとしてはこういったところでしょうか。

・時期
・プラン
・〇〇割

時期

まず時期をちょっとずらすだけで数十万円変わる可能性があります。

例えば

・大安ではない日を選ぶ
・繁忙期ではなく閑散期を選ぶ

とかですね。

これも結婚式場で違っていて、大安でも先勝でも料金が変わらない結婚式場もあります。

それに時期でもあまり料金が変わらない結婚式場もあります。

例えば、ガーデンウエディングなどは春や秋は季節的に人気で結構料金に開きがある可能性もあります。

プラン

おそらく結婚情報サイトからブライダルフェアなどに予約してという方も多いと思います。

【ゼクシィ】や【ハナユメ】、【マイナビウエディング】などですね。

ちなみにヒルトン東京お台場は【ゼクシィ】、【マイナビウエディング】、【結婚スタイルマガジン】などに掲載されていてそれぞれプラン内容が違う場合があります。(同じ場合もあります。)

プランにはどういったサービスがあるのかチェックして比較してお得と思う方から予約するのが良いと思います。

ブライダルフェアの内容も違う可能性もあるので比較してチェックです。

〇〇割

ゼクシィには【花嫁割】、マイナビウエディングには【直前オトクプラン、パッケージプラン】、結婚スタイルマガジンには【婚スタ★割】などがあります。

それぞれのプランを見てみると同じようなプランもあれば、全然違うプランもあったりといろいろです。

ここをチェックしてみてみると良いと思います。

プランと割引、それにブライダルフェアのないようなども比較してチェックして予約するのが良いのではないでしょうか。

プラン内容と割引、それにブライダルフェアの内容なども違ったりするのでどこから予約するのが良いのか比較して選ぶのが良いかと思います。

あとゼクシィ・マイナビウエディングはキャンペーンを行っていてそれぞれキャンペーン内容が違っていて条件も違います。

とりあえずエントリーしておくのも良いかと思います。

ちなみに結婚スタイルマガジンにはキャンペーンはありませんが、【ご祝儀】という特典があってかなりお得だったりしますのでチェックされると良いと思います。

小さな結婚式

小さな結婚式にヒルトン東京お台場が掲載されていて、挙式のみを利用したいという方は「小さな結婚式」もおすすめですね。

挙式料金 138,000円(税抜)
※19名様以上での挙式の場合は+10,000円(税抜)
※平日限定プランのため、土日祝日料金の設定はございません。

現在はこのような料金になっています。

挙式後のお食事会、セッティングも行っているのでこちらも相談されると良いかと思います。

気になる方は小さな結婚式の お台場相談カウンターなど東京にいくつか相談カウンターがあるのでそちらで相談してみるのも良いかと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました