大阪市中央公会堂(中之島公会堂)の結婚式費用を抑える|料金が下がる&上がる項目

結婚式場

大阪市中央公会堂(中之島公会堂)は中之島にあってとても歴史のある建物で国指定の重要文化財ということなんです。

私も大阪市中央公会堂に行ったときに結婚式を挙げている人がいてここで結婚式を挙げることができるんだとその時初めて知りました。

マイナビウエディングの大阪の式場人気ランキングでも上位にランクされていたりします。

まあ現時点でハナユメとゼクシィに掲載されていないということがあるかもしれませんけどね。

では結婚式の費用を見てみると

マイナビウエディング調べ⇒60名:175~275万

となっています。

ちなみに
ゼクシィとマイナビウエディング(パッケージプラン)は「先輩カップルの総額平均」です。

60名でも100万円の幅があるのは

「料理のグレード」
装花のボリューム」
「衣装の種類」
「お色直しをするしない」
「カメラマン&写真を式場にお任せするのか」
「ビデオ撮影ををお任せするのか」
などなどに加えて
「衣装」
「ペーパーアイテム」
「引出物」
を式場にお任せするのかなどによっても変わってきます。
式場にお任せした場合結婚式場の見積もりの総額に含まれますが、自分たちで用意するとなると結婚式場の見積もりには含まれないので料金自体は安くみえます。
結局見積りのプランやどういった項目が含まれているのかということもチェックするのに大事です。

なので個人差がかなり出るということです。
結婚式の費用は他人のものは参考になる部分とならない部分があって、結構よくわからなくて難しいいんですよね。

ということで大阪市中央公会堂(中之島公会堂)の結婚式費用を抑えるためにということでみてみたいと思います。

ここでは私の体験やいろいろ見てきた中で私個人の考えや意見になりますのであくまで参考程度でお願いします。

大阪市中央公会堂(中之島公会堂)の結婚式費用を見積り分析

では大阪市中央公会堂(中之島公会堂)の結婚式費用がどのくらいになるのかマイナビウエディングの70名での費用シミュレーションをもとに見てみたいと思います。

まず先にこのシミュレーションはあくまで参考値です。
時期やプラン、割引内容などが変われば必須項目や料金も変わってきます。

ということで今回シミュレーションした内容はこちらです。

とりあえず必須項目以外のチェック項目は極力自分たちで用意できるものや必要か微妙なものはチェックをせずに料金を出してみました。

そうすると1,790,125円(70名)という結婚式費用になると数字が出ました。
このプランでは必須項目が少なく選択できる項目が多いので自分
で自由にカスタマイズできるのがポイントです。
ですが、ここから結婚式費用は上がってきます。

では結婚式費用が+α大きく上がってくる項目を中心に一つ一つ見てみたいと思います。

大阪市中央公会堂(中之島公会堂)の結婚式費用が高くなる&安くなる可能性のある項目

では大阪市中央公会堂(中之島公会堂)の結婚式費用が高くなる&安くなる可能性のある項目を一つ一つ見てみたいと思います。

料理

料理は結婚式の費用で一番と言ってもよいくらい高くなるポイントの一つですね。

料理は一人11,000円のコースで計算されています。
料理のコースは
フレンチ10,000円税サ別~、和洋折衷13,000円税サ別~
となっていて一番下の
コースで計算されていると思われます。

そして、ここからコースをグレードアップしたりすると料金が上がってきます。
他のコースを見るとグレードを上げたくなると思いますし、結果1つか2つはグレードを上げる方も多いかと思います。

もし仮に1つグレードアップしてプラス1人2,000円だったとすると70名で140,000円上がるということになります。(子供料理などはもっと安いですのであくまで単純計算しています)

ここは結婚式費用が上がる人が多いポイントかと思います。

衣装

衣装はこのプランでは含まれていて料金の記載がありません。

大体どこの結婚式場でも新婦衣装は20万円~、新郎10万円以下(11万くらいのところも結構ある)となっているのですが、大阪市中央公会堂(中之島公会堂)では一つの見積り例として新郎新婦衣裳125,000円となっています。

このプランでは衣装は必須になっているのですが一応持ち込み可で持ち込み料は25,000円と記載があるので比較的安いのでもし他の所に良い衣装があるなら持ち込みも選択肢ですね。
だた、持ち込み料に関しては式場で確認してください。

もし式場で衣装をお願いするとなると新婦衣装が人気や新作の衣装ならここから数万円上がってくる可能性もあります。

新郎衣装はそこまでこだわりが無ければ上がるということはあまりないかと思います。

装花

装花は93,500円で計算されていて初めはこれくらいに設定している式場は多いですね。
ここは人によってかなり料金の差が出てくる部分かと思います。

シンプルで装花はそんなにいらないということなら料金は抑えられますが、卓数を増やしたり、いろいろ装飾していくとかなり料金が上がっていくポイントでもあります。

花などいろいろ装飾すれば20万にも30万にもなってくるポイントです。
ここも人によって最終見積り金額が大きく変わってくるポイントかと思います。

ペーパーアイテム

ペーパーアイテムは持ち込み可の式場が多く、基本持ち込み料は無料なところが多いです。
自分たちで外注でお願いした方が安くなる場合が多い(デザインなどにもよりますが)です。

自分たちで準備するので面倒はありますが少しは結婚式の費用を抑えられるのではないでしょうか。

5万~10万、抑えれば5万程度でもいけるかと思います。

引出物

引出物は自分たちで外注でお願いした方が安くなる可能性が高いのでチェックを外しています。

大阪市中央公会堂(中之島公会堂)では持ち込み可で持ち込み料(引出物1点 250円と記載あり)はかかりますが、他の結婚式場は1点500円のところが多いので比較的安いです。
それでも持ち込み料が嫌なら直接それぞれの自宅に送る「ヒキタク」を利用すれば持ち込み料もかかりませんし費用は抑えられる可能性があります。

ちなみに私たちが結婚した時も自分たちで外注で注文して(大阪市中央公会堂(中之島公会堂)で結婚式を挙げたわけではないですが)直接それぞれの自宅に送りましたので持ち込み料もかかりませんでしたし、引出物の費用も多少抑えられたかと思います。

お色直し

おそらく料理と並んでここが一気に料金が上がってくるポイントだと思います。
大体初めの見積もりにはお色直しの料金は入っていない場合が多いと思います。

お色直しをしないという方は関係ありませんが、お色直しでカラードレスなども着たいということなら式場にお任せする場合、上で紹介した衣装の125,000円などがプラスかかってくるかと思います。
そして、衣装次第で+数万円など上がる可能性があります。

もちろん和装ということになってくるとまた料金も変わってきますけどね。

このプランでは選択可ですし持ち込み料も25000円なら安いのでデザイン次第ですが、自分たちでレンタルして持ち込むというのも一つです。
もちろんデザインや持ち込み料など総合的に判断しての最終結論になりますが。

新郎の方がタキシードはそのままで蝶ネクタイに変えるだけなどという方も多いと思います。

私達も新郎はタキシードはそのままで蝶ネクタイなど小物だけ変えました。(大阪市中央公会堂(中之島公会堂)で結婚式を挙げたわけではないですが参考までに)

写真

式場側のカメラマンにお任せするのかどうかです。
スナップ写真撮影に関してもお任せすればちゃんとしたデータなどがもらえたりしますが高いです。

通常式場でお任せしてデータももらうとなると20万円とかかかってくるところも多いですが大阪市中央公会堂(中之島公会堂)では88,000円で設定されていますが、挙式のみ(アルバム1冊+撮影全データ)/(挙式のみ)86,400円~(挙式+披露宴)129,600円~となっていて披露宴などデータももらうとなるともっと上がってくることがわかりますね。

カメラマン氏名とかオプションを着けると20万円以上とかになってくる可能性もある項目です。

上のチェック項目にはチェックをいれていないですが、もし式場でスナップ写真撮影をお願いしてデータなども欲しいということならプラス10万円~20万円以上はかかってくる可能性もあるかと思います。

ビデオ

ビデオ撮影も項目にチェックをいれていませんが、大阪市中央公会堂(中之島公会堂)では132,000円となっていますが、通常式場に任せると20万円ほどかかってくるところなので少し安い設定です。

プロフィールビデオ制作に関しては自分たちでも作ることができると思います。(自分たちで作成して持ち込みが可能なら)
ただ、手間だったりしますので外注でも良いですし、知り合いとかで詳しい人にやってもらうと結婚式費用が抑えられると思います。(式場に確認してみてください。)

あとエンディングビデオ制作をどうするのかです。
通常エンディングビデオ制作は式場によってバラバラで3万円程度から10万円以上のところもありますが、大阪市中央公会堂(中之島公会堂)は143,000円と少し高めの設定かもしれません。
ただ、当日編集エンドロールが含まれているようなのでそれを考えると安い野かもしれません。

私たちはプロフィールビデオ制作は自分たちで作成して、ビデオ撮影エンディングビデオは結婚式場にお願いしました。
ビデオ撮影をお願いしたことで当日の映像をエンディングビデオに入れてもらいたかったのでビデオ撮影もお願いしました。(大阪市中央公会堂(中之島公会堂)で結婚式を挙げたわけではないですが参考までに)

ビデオ撮影などの項目はチェックを入れていないのでエンディングビデオ制作も含めお願いするとなれば30万円~40万円ほどはプラスされることになると思います。

大阪市中央公会堂(中之島公会堂)の結婚式費用は最終見積りでどのくらいになるのか

では大阪市中央公会堂(中之島公会堂)の結婚式費用は最終見積りでどのくらいになるのかです。

まずは上でも紹介した通り、
・そもそものプランがどういったプランなのか
・料理のグレードアップはするのか
・衣装はどれにするのか、
・お色直しはするのか
・装花はどの程度装飾するのか
・スナップ写真撮影やデータはもらうのか
・ビデオ撮影はお願いするのか
・何を自分たちで用意して持ち込むのか
など人によって違います。
これらをどうするのかによって最終見積り金額は人によってかなり料金差が出てきます。

あくまで私の予想ですが、

上のシミュレーションの金額から私たちが結婚式をするとなったとしていくつかの料金がかかる項目をプラスして計算してみると

1,790,125円(70名)から

■料理⇒仮に1つグレードアップで2,000円だったとした場合140,000円
■衣装⇒新婦の衣装が人気や新作の衣装でプラス数万円かかる可能性もある
■装花⇒そのままの料金か装飾によってはプラス10万円以上にもなる
■お色直し⇒するとなると衣装+着付けと同じだけプラス費用がかかるので10万円~20万円プラスかかる可能性もあるが、他でレンタルして持ち込んだ方が持ち込み料がかかるにしても持ち込み料が安いので費用が抑えられる可能性もある
人によって10万円~30万円ほどと幅が出る
■写真⇒スナップ写真撮影やデータをもらったりカメラマン氏名などオプションでプラス20万円以上かかる可能性も
■ビデオ⇒ビデオ撮影、エンディングビデオ撮影などを願いするとプラス20万~30万ほどかかる可能性も

上の見積りからこういったところが大きく結婚式費用が上がるポイントかなと思います。

1,790,125円(70名)から私の場合、

・料理のグレードアップ1つか2つグレードアップするので20万円は上がる覚悟
・衣装が多少上がる数万円
・装花は私たちの場合はあまり上がらないが上がる人も多いはず
・司会は友達か同僚で良い人がいればお願いするが無難に式場にお願いする可能性も高い
・写真はスナップ写真撮影(挙式+披露宴)を式場にお願いしてデータももらったりするので13万円以上はかかると予想。20万円以内には抑えたい
・ビデオ撮影は当日編集エンドロールも含めたいのでビデオ撮影、エンディングビデオ制作は式場にお願いする。プロフィールビデオ制作は自分たちでするがプロジェクター使用料は別途かかってくる。
30万円ほどになると予想

など料金が上がるところと、チェック項目を外していて式場でお願いする項目をプラスして計算して考えると私達なら80万円ほど上がりそうな感じです。

というところで70名で私達の場合の勝手な見積り予想ですが式場にお任せする分など含めて260万円程度かなという感じです。

あと自分たちで用意するものとして

■お色直しは持ち込み料も安いのでおそらく持ち込む10万円~20万円以内に抑えられるはずなのでデザイン次第だが外注を選ぶか
■ペーパーアイテムは5万円程度に抑えたい
■引出物など20万円~30万円程度か(何家族出席しているのかや誰にいくらのものを送るのかによっても変わってくる)

お色直しは他でレンタルすると衣装次第で安くも抑えられると思いますが、持ち込み料がいくらなのかにもよりますが、安くて気に入った衣装が他のところでレンタルできるなら借りるでしょうし、結婚式場の衣装で良いのがあるなら式場でお願いするという決断にもなるかと思います。

あとは引出物は自分たちで外注するならいくらのものを渡すのかにもよりますが自分たちで注文した方が多少安くなるかなという感じです。
直接それぞれの自宅に送るヒキタクなら持ち込み料もかかりませんしね。

あとペーパーアイテムなどを自分たちで用意するので極力抑えれば5万円程度の費用で可能かなと思います。

式場でお願いする260万円程度にお色直し(持ち込み料もプラスして)、引出物、ペーパーアイテムなどをプラスして総額300万~330万円程度になるのかなと勝手な個人的な予想をしています。

ただ、ここから細かなところでいろいろ費用がかかってきたりもしますが、割引などもあったりしてもうちょっと安くなるのか、これくらいの結婚式費用になるのか、これも時期なども含め個人差があります。

結婚式のプランや、日時、割引などによってもまた変わってきます。
というところで次もチェックです。

大阪市中央公会堂(中之島公会堂)の結婚式費用を抑えるためには

結婚式費用を少しでも抑えるということなら当然上のようなところで少しでも切り詰めるということになるとは思いますが、一生に一度の結婚式であまり費用を削減して思ったものとは違う結婚式になっては意味がないですよね。

そこであとは結婚式の費用を抑えるポイントとしてはこういったところもチェックしましょう。

・時期
・プラン
・〇〇割

時期

まず時期をちょっとずらすだけで数十万円変わる可能性があります。

例えば

・大安ではない日を選ぶ
・繁忙期ではなく閑散期を選ぶ

とかですね。

これも結婚式場で違っていて、大安でも先勝でも料金が変わらない結婚式場もあります。
それに時期でもあまり料金が変わらない結婚式場もあります。

例えば、ガーデンウエディングなどは春や秋は季節的に人気で結構料金に開きがある可能性もあります。

例えば8月と9月の1日違うだけで数十万円違うということもあります。

プラン

おそらく結婚情報サイトからブライダルフェアなどに予約してという方も多いと思います。

【ゼクシィ】や【マイナビウエディング】、【ハナユメ】などですね。

ちなみに大阪市中央公会堂(中之島公会堂)は【マイナビウエディング】に掲載されています。
※ちなみに私が確認した時点ではハナユメやゼクシィには掲載されていませんでした。

〇〇割

マイナビウエディングには【直前オトクプラン、パッケージプラン】
などがあります。

それぞれのプランを見てみると同じようなプランもあれば、全然違うプランもあったりといろいろです。

プラン内容と割引、それにブライダルフェアの内容なども違ったりするのでどれを予約するのが良いのか比較して選ぶのが良いかと思います。

ここをチェックしてみてみると良いと思います。

あとマイナビウエディングはキャンペーンを行っていてとりあえずエントリーしておくのも良いかと思います。

ゼロ婚

あとゼロ婚も大阪市中央公会堂(中之島公会堂)と提携していて掲載されています。
結婚式の費用がないとか後払いでという方におすすめです。

ポイントをまとめると

・持ち込み料が0円
・追加料金なし(必要なものが含まれている)
・ご祝儀での後払い可能

といったところになります。

まずは資料請求もできますし、料金等詳細が気になる方は大阪にある相談カウンターで相談に行くと良いと思います。

まとめ

大阪市中央公会堂(中之島公会堂)など結婚式場の最初の見積もりは最低必要なものだけの料金になっているのでそこからグレードアップしたり、オプションを着けたりして料金が上がっていきます。

結婚式費用が上がる項目は料理や衣装、お色直し、装花、撮影関連などある程度決まっていますけど、それでも人によっても違います。
あと、結婚式の時期、日時、割引などでもかなり変わってくるので料金に差が出てきてしまいます。

結婚式は基本一生に一度の場合が多いので経験してからわかることも多いので難しいですが、いろいろ調べてみると何となく抑えられるポイントなどもわかってくると思いますのでチェックしてみると良いかと思います。

あと大手の結婚情報サイトはキャンペーンも行われていたりするのでこれからブライダルフェアなどに行くという方で利用される予定の方はキャンペーンのエントリーをしておくと良いと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました