本ページはプロモーションが含まれています

スマ婚のメリット・デメリット|安く結婚式を挙げられるがデメリットもある

スマ婚
カップル応援!ハナユメの式場探しキャンペーン
最大60,000円分電子マネーギフトプレゼント
【キャンペーンエントリー期間:2024/5/17(金)~2024/7/25(木) まで】
ハナユメキャンペーンエントリーはこちら

こちらでスマ婚で結婚式を挙げると安くなるのか、安くなる理由などを調べました。

ポイントはやっぱり安くできるというところですが、当然デメリットもあるわけです。

そこで今回ここではスマ婚のメリットやデメリットを紹介したいと思います。

スマ婚で結婚式を挙げると安くできる理由とメリット

ポイントはこういったところです。

・中間マージンなどを削減
・会場紹介だけではなく、挙式披露宴を全てプロデュース
・持ち込み料が無料(ドレスなど)
一般的な結婚式場は中間マージンもいろいろかかってきますし、通常は持ち込み料がかかるものも多いので結局式場でお願いするとなっても+α高くなってしまいます。
ですが持ち込み料がないので自分たちで用意すると当然安くなります。(体験から)
あと料理など挙式披露宴を全てプロデュースしてくれるので安くなります。
これらが安くなる理由でメリットになります。

スマ婚のQ&Aをチェックしてみても良いかなと思います。

スマ婚で挙式のみだとどれくらいの金額になるのかこちらで紹介しています。

キャンペーンもチェック

スマ婚では常にいくつかキャンペーンを行っています。

結婚式費用が割引されるなどのキャンペーンを行っていたりするのでこれを利用すると結構お得になったりするかと思います。

キャンペーン内容は時期によって変わるのでチェックしてみてください。

スマ婚のキャンペーンをチェック

スマ婚のデメリット

ではスマ婚のデメリットはというと

⇒対応エリアは関東、関西、東海、九州
⇒提携式場は240軒以上と多くない
⇒打合せ回数が少ない
⇒オプションをつけると高くなっていく
⇒自分で用意する必要がある

といったところかなと思います。

対応エリアは関東、関西、東海、九州

まずスマ婚の対応エリアは関東、関西、東海、九州となっています。

都道府県別で言うと

■関東
東京都 神奈川県 千葉県 埼玉県 茨城県 栃木県 群馬県
■東海
愛知県 岐阜県 三重県
■関西
大阪府 兵庫県 京都府 滋賀県 奈良県
■九州
福岡県 佐賀県 鹿児島県
■海外一部

※2024年4月26日時点
となっています。

以前九州などには数件提携していたのですが、現在はありません。

あと相談に行くならウエディングカウンターもチェックしておく必要があります。

こちらです。

■関東
渋谷ショールーム/横浜サロン/大宮サロン/船橋サロン/
■東海
名古屋ショールーム/
■関西
梅田ショールーム/神戸サロン/京都サロン/
※2024年4月26日時点

提携式場は約120会場ほどと多くない

提携式場は約120会場ほどと多くありません。
2024年4月26日時点

2020年あたりでは240会場ほどあったので半分くらいに減っています。

ちなみにホテルウエディングやレストランウェディングが多いです。
ガーデンウェディングなど高額なところはあまりありませんね。
ただ、大手のホテルも結構掲載していますからチェックしておくのが良いと思います。

私たちが会場見学した結婚式場は一つも載っていませんでした。

打合せ回数が少ない

打合せ回数は2回とか記載がありますが、これはとても少ないです。
私の友人では普通に結婚式をする前は5回とか普通もっと何度も打合せしている友人もいます。

打ち合わせ回数を抑える分安くなるということも理解できます。

これは実際にウエディングカウンターに行って相談してみると良いと思います。

オプションをつけると高くなっていく

これは普通の結婚式場でも同じですが、通常のものよりもグレードアップしたりオプションをつけたりすることができます。

グレードアップしたりオプションをつけた方が当然良い結婚式になる可能性も高いですが、当然高くなっていきます。

費用を抑えるということを考えると極力オプションを付けないという選択肢になってくると思います。

持ち込み無料なので自分たちで準備できるものは準備すると良いのかなと思います。

自分で用意する必要がある

これはデメリットとは言えませんが、

持ち込み料無料なので安くするためには自分たちで手配など準備するものが増えます。

私たちも持ち込み料が無料のものは自分たちで外注で発注したりして準備しましたけど、やることがとても増えます。

結構準備が大変なので注意が必要です。
その分費用は抑えられましたけどね。

まとめ

スマ婚は結婚式の費用を抑えられるようにはなっているのですが、デメリットもあります。

・まずは自分が気に入った式場が提携しているのか
・あれば先に他の結婚情報サイトのブラフェスとかにいって話を聞いてみても良いかもしれません。
・そして、スマ婚のウエディングカウンターに相談に行く
・気になるポイントをしっかり聞く(打合せ回数・持ち込みはいつから可能かなど)
・最初の見積りを出してもらう
・そして、検討

といった感じかなと思います。

極力出費を抑えたいし、良さそうな式場があったら話を聞きに行っても良いかと思います。

かしこい結婚式をプロデュースする【スマ婚】

コメント