ハナユメを利用して結婚式をした口コミ体験と評判・メリット・デメリット

ハナユメ

結婚式を挙げるとなったときいろいろ調べると思いますけど、都心部の方ならその一つにまず必ずといってよいほど「ハナユメ」をチェックしていると思います。

私たちもハナユメを利用しましたし、言ってしまうとハナユメのハナユメ割を利用して結婚式を挙げました

結婚式場もいろいろ掲載されていますし、結婚に関しての様々な情報を調べることができてとても便利です。

キャンペーンやハナユメ割などの割引もありますしね。
もしハナユメを利用する予定の方でまだハナユメのキャンペーンにエントリーしていないという方はエントリーしておくと良いと思います。

ハナユメキャンペーンにエントリー

まずはハナユメのサービスにはどういたものがあるのかポイントをまとめて紹介したいと思います。

ハナユメのサービスとポイントまとめ

まずはハナユメのサービスとできることを紹介したいと思います。

・結婚式場などを探せる
・結婚式場の予約
・ハナユメ割がある
・ハナユメ相談カウンターで相談できる
・婚約指輪・結婚指輪検索&特典がある
・ブラフェスを開催している
・海外・国内リゾートウエディングもある
・前撮り・フォトウエディングもある(ハナユメフォト)
・対応エリアは関東/東海/関西/九州
・キャンペーンがある
こういったサービスがあってこれらがメリットでありデメリットも含まれるわけですが、一つ一つ紹介していきたいと思います。

結婚式場などを探せる

ハナユメを利用される方はこの結婚式場を探している方が多いと思います。

対応エリア 関東/東海/関西/九州
都道府県数 20都道府県
掲載式場数 約600式場

となっています。

東京や大阪など大都市圏に強いのが特徴です。

結婚式場の見学予約・ブライダルフェア

ハナユメの公式サイトから式場見学予約ができます。

さらにハナユメ限定での割引のハナユメ割プランもあって、通常よりお得になります。

ハナユメからブライダルフェアに行く場合はその式場のハナユメ割もしっかりチェックしておくと良いと思います。

ハナユメ割がある

ハナユメを利用することでプランによってはハナユメ割という割引プランがあります。

100万円以上お得になるプランも多くあります。

ちなにも私たちもハナユメ割で安くなりました。

ウエディングカウンターで相談できる

実際のハナユメカウンターに行ってスタッフに結婚に関しての様々なことを相談することができます。

相談できることやポイントはこちらです。

・結婚式の相談ができる
・式場予約ができる
・来店特典(複数)がある
・見積りチェック
・海外リゾートの相談も可能
・マタニティウエディング相談

来場者特典もあったりするのでまだ何も固まっていないという方はチェックしてみてください。

ちなみにウエディング結婚相談カウンターの「オリコン顧客満足度ランキング」でも2019年1位を獲得しています。

・オリコン顧客満足度(R)ランキングで4年連続No.1
※2017年・2018年・2019年・2020年 オリコン顧客満足度(R)調査 結婚式場相談カウンター 第1位

ちなみにウエディングカウンターは

銀座店、新宿西口店、新宿東南口店、横浜店、名駅ミッドランドスクエア店、栄店、イオン浜松市野店、リンクスウメダ店、心斎橋店、神戸三宮店、京都店、博多マルイ店

の12店舗になります。

婚約指輪・結婚指輪検索&特典がある

ハナユメは多くのショップと提携していて、4℃など有名なところも提携しています。

数は少ないですが、ハナユメ限定の来店予約で限定特典があったりするのでチェックです。

もし結婚指輪や婚約指輪が決まっていないという方は一度チェックして損はないかと思います。

キャンペーンもやっていますからね。

ブラフェスを開催している

年に数回ブライダルフェスタを開催しています。

ブラフェスは様々な結婚式場のブース集まっていてまとめて話しが聞けますし、ウエディングドレスのファッションショーがあったり、DIY体験ができたりと結婚式に必要な様々な情報を知ることができます。

来場者特典もあったりするので行ってみるのもアリかと思います。

海外・国内リゾートウエディングもある

海外で挙式をしたいという方やリゾートウエディングを計画している方も予約できますし、ウエディングカウンターで相談することもできます。

ちなみに私がハナユメで検索して調べたところでは

国内リゾート27件
海外挙式「ハワイ/グアム/サイパン/バリ/オーストラリア 」で43件

出てきました。

数としてはあまり多くないと思います。

フォトウエディングもある(ハナユメフォト)

前撮りやフォトウエディングだけという方の利用も可能です。

沖縄などでの撮影も可能ですし、ウエディングフォトアワード「金賞」受賞の カメラマンも在籍しているということなんです。

まずは近くのハナユメカウンターで相談することになります。

対応エリアは関東/東海/関西/九州

ハナユメが対応しているエリアは「関東/東海/関西/九州」です。

なので逆に言うと中国、四国、東北、北海道などで結婚式を挙げたいと思っている方は利用しても意味がありません。

都道府県で言うと対応エリアはこちらです。

東京都 神奈川県 千葉県 埼玉県 茨城県 栃木県 群馬県
愛知県 岐阜県 三重県 静岡県
大阪府 兵庫県 京都府 滋賀県 奈良県 和歌山県
福岡県 佐賀県 長崎県

大都市圏が多いです。

キャンペーンがある

ハナユメでは大体何かしらキャンペーンを行っています。

よくあるのが「最大26,000円分電子マネーギフトプレゼント」などです。

3つの式場を回ってアンケートを書いてなど条件があるのですが、別にクリアできる条件ですし、とりあえずエントリーは必須ですね。

ハナユメのキャンペーンをチェック

ではハナユメのメリット・デメリットを紹介したいと思います。

ハナユメのメリット

ハナユメ割があって他よりもお得なこともある

ハナユメにはハナユメ割があるのはご存じかと思います。

「100万円以上お得になることも」あるって書かれていますけど、日時によって変わります。

私たちは人気の季節に結婚式をしたのでそんなにハナユメ割を受けられませんでしたけど、あと一週間早かったらあと数十万安くなっていましたからね。

あとハナユメ割は半年以内とかって書かれていますけど、私達が契約したのが結婚式から7か月~8か月前くらいだったのですがハナユメ割つきましたけどね!

結局式場によってハナユメ割の内容も違うのであなたがブライダルフェアに行く式場のハナユメ割がどういったものなのかチェックしておくことが大切です。

あとゼクシィとかにも花嫁割とかってありますけどお得な場合もあります。

もちろん結婚式場によっては花嫁割の方がお得なこともありますよ!

若干割引内容が違ったりもするので自分にとってどっちがお得なのかで選ぶのが賢い選択かと思います。

ゼクシィ花嫁割とハナユメ割と比較してわかったこと|ハナユメ割を利用して結婚式実績

大都市圏に強い

ハナユメは大都市圏に強いというのがあります。
逆に言えば地方に弱いといういい方もできます。

東京や大阪などは提携式場が多いです。
私たちも都心部なのでハナユメで全く問題なかったです。

もちろんゼクシィも負けずと多いのですが、ハナユメにしか掲載されていない式場もあったりもします。

結婚相談カウンターの口コミ・評判が良い

オリコン顧客満足度(R)ランキングで3年連続No.1
※2017年・2018年・2019年 オリコン顧客満足度(R)調査 結婚式場相談カウンター 第1位
・利用のしやすさ
・店舗の清潔さ・雰囲気
・担当者のサポート力
・結婚式場
・キャンペーン

の合計ですべての項目で1位で当然総合でも1位になっています。

特に「店舗の清潔さ・雰囲気」の評価が高かったです。
あと担当者のサポート力の評価も高かったです。

もっというと3年連続で1位でした。

ちなみにこれがハナユメ相談カウンターリンクス梅田店です。

「調査対象企業23社 実際の利用者2,586人に調査」ということでなかなか信頼性は高いのではないでしょうか。

オリコンの結婚式場相談カウンターのランキング・比較はこちら

ちなみに「オリコンの結婚式場情報サイトのランキング・比較」ではマイナビウエディングが1位でした。

ハナユメは2位です。

オリコンの結婚式場情報サイトのランキング・比較はこちら

キャンペーンでお得になる

ハナユメは大体キャンペーンをおこなっていて電子マネーギフトなどがもらえます。

他にもハナユメ経由で結婚指輪や婚約指輪を購入するなどで電子マネーギフトなどがもらえるキャンペーンをおこなっていたりもします。

ハナユメのデメリット

掲載式場のエリアが限定&掲載数も少ない

上で話した大都市圏には強いけど、地方に弱いというところです。

まず式場の掲載数が日本全国でも約600件と少なくエリアも大都市圏中心になります。

少ないと言っても色々ある結婚情報サイトなどに比べると少ないわけではないですが、一番多いのがゼクシィで、ゼクシィは全国47都道府県をカバーしていて式場の掲載数は約2,500件と多いです。

ゼクシィ ハナユメ
掲載式場数 約2,500件 約600件
都道府県対応数 47 20

相談カウンターも大都市圏に集中

そうなると当然ウエディングカウンターも少なくなるわけですけど、大体大都市圏にあります。

相談カウンターはこちらです。

銀座店、新宿西口店、新宿東南口店、横浜店、名駅ミッドランドスクエア店、栄店(2021年6月30日閉店)、イオン浜松市野店、リンクスウメダ店、心斎橋店、神戸三宮店、京都店、博多マルイ店

なのでハナユメを利用する方は限定されます。

掲載数が少ないといっても大体人気の式場は押さえていますし、ゼクシィもハナユメもブラフェスに行きましたけど、参加しているブースは人気で大手で同じような感じでした。

なので大都市圏で結婚される方はどちらでもあまり変わらないかなと思います。

あとは特典や割引でお得になる方を利用するのが良いのかなと思います。

ではハナユメの口コミ・評判を見てみたいと思います。

ハナユメの口コミ・評判

時期によっても違うのですが、結構割引されますよね!

あと式場との交渉も大事ですよ!

私達がハナユメを利用して結婚した理由

私たちがハナユメを利用して結婚式を挙げた理由は単純です!

大手の結婚式場情報サイトで私たちが結婚式をしたかった式場が掲載されていたからです。

そして、ハナユメ割もあって少しお得に結婚式を挙げることができました!

ゼクシィも併せて利用していましたけど、私としてはどちらでも良かったという気持ちもありましたけど、でも確かブライダルフェアはハナユメとゼクシィを見比べて良さそうな方を選んだという記憶はあります。

なので基本は併用でゼクシィも利用していましたよ!

ハナユメとゼクシィを比較

まとめ

結論から言うと結婚式のイメージがまだないとかという方はハナユメでいろいろ調べたり、少し詳しくいろいろ知りたいという方はハナユメウエディングデスクがおすすめです。

ブラフェスも良いのですが、そんなにいつもやっているわけではないのですし、まずはウエディングカウンターがおすすめです。

オリコンのランキングでも3年連続1位で清潔感やサポート面でも評価が高かったですからね。
来店特典もあったりしますからね。

あとハナユメはキャンペーンもちょっとお得だったりしますし、都心部の方はハナユメでも良いのかなと思います。

ゼクシィも利用できるなら両方利用しても良いと思いますけどね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました