ぐるなびウェディングの特徴・デメリット|他の結婚式場情報サイトの違い

ぐるなびウェディング

結婚式場情報サイトといえば大手は

ハナユメ
ゼクシィ
マイナビウエディング

価格重視や1.5次会などならスマ婚会費婚などもあります。

結婚スタイルマガジン、プラコレなどもありますし、さらに他にも小さな結婚情報サイトなどいろいろあります。

そんな中、飲食店の検索予約サイトで有名なぐるなびも「ぐるなびウエディング」ということで結婚式場情報サイトを運営しています。

ぐるなびウエディングは知らなかったという方も多いかもしれません。

ではぐるなびウエディングにも特徴があるのでデメリットや他の結婚式場情報サイトの違いなども併せて紹介したいと思います。

ぐるなびウエディングの特徴

ぐるなびウエディングの特徴はというと飲食店を多く掲載しているだけあって、レストランなどで行われる「お食事会ウエディング」といった挙式とお食事会併せたカジュアルな結婚式を挙げる方におすすめという特徴があります。

レストランウエディングという方が聞いたことがあるかもしれませんね。

実際ぐるなびウエディングで検索してもらうとわかる通りレストランが多く掲載されています。

人数も50名以下で行う少人数のものが多いです。

本当に会社の上司とかまで呼ぶような今までの結婚式!というよりは、親族や仲の良い友達を集めて行う1.5次会のようなウエディングパーティーというような感じのウエディングになるかと思います。

ガッツリ結婚式というのは考えていないけど、ちょっと思い出として仲の良い友達とか親族だけ呼んで行いたいという方に向いています。

他の結婚情報サイトと比較

では他の結婚情報サイトと比較してみたいと思います。

ゼクシィ ハナユメ マイナビウエディング ぐるなびウエディング
掲載式場数 約2,500件 約600件 約1,500件 約500件
都道府県対応数 47 20 23 47

ぐるなびウエディングは全国を対象としていますけど、掲載数としては多くありません。

ではデメリットはというと

ぐるなびウエディングのデメリット

結婚式場の掲載が少ない

まずは結婚式場の掲載が少ないということがあります。

よくハナユメやゼクシィなどに掲載されている有名な結婚式場というのはあまり掲載されていません。

レストランなどが多く掲載されています。
もともと目的やターゲットが違うという感じです。

ガッツリちゃんとした結婚式という方はハナユメゼクシィなどで探されるのが良いのかなと思います。

少人数のものが多い

レストランウエディングということでキャパもあまり大きくないところが多いです。

50名以上のホテルなども掲載されていますけど、30名など少人数のものが多く掲載されています。

こんな方におすすめ

・仲の良い友達や親族だけで楽しく行いたい
・形として何かやりたい
・形式ばった堅苦しいことはしたくない
・盛大にはやりたくない

といった方におすすめなのかなと思います。

予算的にも抑えられる可能性もあるかと思います。

まとめ

レストランウエディングというところが多く掲載されていて、形式ばった堅苦しいものよりもちょっとカジュアルな結婚式をイメージしている方におすすめかなと思います。

レストランウエディング、1.5次会などなら「小さな結婚式」、「ゼロ婚」、「スマ婚」、「会費婚」、「プラコレウェディングなども結構いろいろ掲載されていてチェックされるのも良いのかなと思います。

コメント